レスポートサック バッグ

レスポートサックのバッグを作った人

レスポートサックは1974年に、創設者メル・シフター夫妻によりニューヨークで誕生したブランドです。

レスポートサックのバッグの特徴は、オリジナルの「リップストップナイロン」と呼ばれる特殊なナイロン素材を使用していることです。「リップストップナイロン」とは、リップ(破れ)をストップ(止める)という意味です。
それはパラシュートと同じ素材ということで、丈夫であることがお分かりでしょう。

ナイロン素材をバックに使用することは、レスポートサックの創業者夫妻がマリンスポーツに使用されるナイロン素材の丈夫さに目をつけたことからだと言われています。

そんなレスポートサックのバッグは、軽くて、丈夫で、汚れたら丸ごとジャブジャブ洗えるから便利ですよね。

レスポ第1号の商品は、ニューヨークの小さな工場で製作されたシンプルなデザインのダッフルバックでした。
そして、1974年後半にはNYのグリニッジ・ビレッジに初のショップをオープン。
1976年にはレスポートサックの原点となるトラベルシリーズを発表。
1987年からは、日本でも発売されるようになりました。

年間80種類もの新作を発表するレスポートサックのバッグは、流行を敏感に感じ取り、時代とともに新しい顔を見せ続けてくれます。
レスポートサックは、常に最先端を走りながらも創立以来のこだわりを忘れないブランドなのです。

ポーチなどの小物から旅行用のボストンバッグまで、様々なアイテムが揃い、価格もリーズナブル。
さらに、丈夫で、軽くて、柄も豊富でお洒落。
これからもレスポートサックのバッグは世界中で愛され続けることと思います。

【レスポート・サックのポーチ、ショルダー、トート、ボストン、マザーズバッグ】
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。