レスポートサック バッグ

レスポートサックのバッグを作った人

レスポートサックは1974年に、創設者メル・シフター夫妻によりニューヨークで誕生したブランドです。

レスポートサックのバッグの特徴は、オリジナルの「リップストップナイロン」と呼ばれる特殊なナイロン素材を使用していることです。「リップストップナイロン」とは、リップ(破れ)をストップ(止める)という意味です。
それはパラシュートと同じ素材ということで、丈夫であることがお分かりでしょう。

ナイロン素材をバックに使用することは、レスポートサックの創業者夫妻がマリンスポーツに使用されるナイロン素材の丈夫さに目をつけたことからだと言われています。

そんなレスポートサックのバッグは、軽くて、丈夫で、汚れたら丸ごとジャブジャブ洗えるから便利ですよね。

レスポ第1号の商品は、ニューヨークの小さな工場で製作されたシンプルなデザインのダッフルバックでした。
そして、1974年後半にはNYのグリニッジ・ビレッジに初のショップをオープン。
1976年にはレスポートサックの原点となるトラベルシリーズを発表。
1987年からは、日本でも発売されるようになりました。

年間80種類もの新作を発表するレスポートサックのバッグは、流行を敏感に感じ取り、時代とともに新しい顔を見せ続けてくれます。
レスポートサックは、常に最先端を走りながらも創立以来のこだわりを忘れないブランドなのです。

ポーチなどの小物から旅行用のボストンバッグまで、様々なアイテムが揃い、価格もリーズナブル。
さらに、丈夫で、軽くて、柄も豊富でお洒落。
これからもレスポートサックのバッグは世界中で愛され続けることと思います。

【レスポート・サックのポーチ、ショルダー、トート、ボストン、マザーズバッグ】
 


レスポートサック バッグ

レスポート・サックのバッグの特色

レスポートサックバッグは、特殊なナイロン素材でできているのでスポーティーで、軽くて、丈夫です。そして飽きのこない柄やコレクションが大きな魅力となっています。
レスポートサックのバッグは、汚れた時は洗剤で丸洗いができますし、収納力、機能性に富んでいるので、どんな場面でも活躍します。

レスポートサックのバッグは、シーズンごとに20種類前後のプリント柄を製造し、常時80種類に及ぶプリント柄が市場に出回ります。

レスポートサックのバッグは、自社で抱えているテキスタイルデザイナーの他に、ゲストデザイナーを招き、「限定スタイル」を手懸ける
デザイナーズコレクション」もあります。

レスポートサックのバッグには限定商品があり、販売期間が短いので、その場で購入しないとすぐに売り切れとなってしまいます。
入手困難なもので廃番となってしまった幻のレスポートサックはいっぱいあるらしいです。

レスポートサックのバッグは、機能性に優れているのは言うまでもありませんが、ラインナップが豊富なので同じ商品を持っている人が少ないのも魅力だと思います。

【レスポート・サックのポーチ、ショルダー、トート、ボストン、マザーズバッグ】

レスポートサック バッグ

レスポートサックのデラックスエブリデーバッグ

レスポートサックのデラックスエブリデーバッグは、A4サイズが横にすっぽり入るバッグです。
名前どおり、毎日持って出かけられます。
おそろいのポーチがついていて、それがまた可愛いんです。
荷物の多いときなどは下側のファスナーをあければ、マチが3cmくらい広がりるので、これまた便利です。
私はよくカジュアルな服に肩掛けしています。

レスポートサックのバッグは、ショルダーバッグ・トート・ハンドバッグ・ボストンバッグ・ユーティリティーバッグなどの種類がありますが、これら1つ1つが、さらにいろいろなモデルやバージョンに分かれています。
そしてポーチはアクセサリーのカテゴリになるんですね。

レスポートサックのバッグを使うときは、出かける目的や洋服の柄に合わせてバッグを選ぶのが1つの楽しみです。
最近いろんな柄のレスポートサックのバッグを手に入れているので、「今日はどのバッグを持って行こうかな〜」と本当に楽しみなんです。

【レスポートサックのバッグ・ポーチ・ショルダー】

レスポートサック バッグ

レスポート・サックのバッグを検索

私は時々、ネットでレスポートサックバッグを色々と検索していますが、本当にバッグの種類が豊富なので見ていて全く飽きません。何時間でも見てしまいます。
そんな私が、欲しいと思ったバッグをご紹介します。

「レスポートサックLeSportsac7528ベイビーバッグ」です。
いわゆるマザーズバッグです。

レスポートサックのマザーズバッグ

レスポのマザーズバッグ


●クッションのあるオムツシートがセットになったボストンバッグです。
●大きさは7184ミディアムウィークエンダーとほぼ同じです。
●ショルダーベルトには肩当が付いて疲れにくいです。
●赤ちゃんとお出かけするママ&パパを応援するグッズです。

サイズ:W 42cm×H 29cm×D 22cm
オムツシート:W 57cm×H 33cm
パット付きショルダー:調節可

このベイビーバッグの好きなところは、ポーチとオムツシートが付いているところです。ほんと使いやすいので気に入ってます。

レスポートサックのバッグは色々な大きさのものがラインでそろっているので、用途に合わせて選んで使えるのが嬉しいです。
しかも、収納力、防水、強度、デザイン、全てがそろっていて、雨の日でも安心です。

他にもお気に入りはたくさんあるのですが、少しずつご紹介していきますね。

【レスポート・サックのポーチ、ショルダー、トート、ボストン、マザーズバッグ】

レスポートサック バッグ

レスポート・サックのバッグってどんなバッグ?

日本では「レスポ」の愛称で親しまれているレスポート・サック(LeSportsac)は、1974年、ニューヨークで誕生したということは何度かお伝えしました。
レスポートサックは、パラシュートクロスを使用した軽くて丈夫なバッグで、値段もお手ごろ価格です。
収納力もあり、機能性に優れていて何より軽いので持ち運びに便利なんです。私のレスポ大好きな一番の理由もここです。
レスポートサックのバッグには小さなポーチがついているものが多く、
ユーザーにとっては便利で有り難い心遣いです。

レスポート・サックのラインナップは、小さなポーチ、コインケースなどから大型のガーメントバッグまでアイテムは豊富。
レスポートサックならではの、豊富なバリエーションで、用途、目的、男女、年齢を問わず、色々な状況にあわせて選ぶことができるので嬉しいです。そこが人気の秘訣なのでしょう。

バッグの中に必需品のポーチやキーケースなど、レスポートサックでトータルコーディネートすると楽しいかも知れませんよ。
レスポートサックのバッグには、ポケットや仕切がたくさんあり、
マチも多いので中身をすっきり収めることが出来ます。
また、素材が軽くて丈夫なので、重い荷物も軽々運べます。

私は旅行の際にはレスポのバッグは必ず持って行きます。
バッグに収納用の袋がミニバッグが付いているので、かなり便利だし、何より軽くて丈夫だから旅行にピッタリです。

【レスポート・サックのポーチ、ショルダー、トート、マザーズバッグ】

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。